Furch(フォルヒ)


当店のおすすめメーカーFurchはチェコで生産されているギターです。
柔らかく落ち着いた響き・良質な材・シンプルでクラシカルなデザインが
魅力。欧州ギターらしさを十分に感じる事ができます。

〜about Furch〜
チェコスロバキア社会主義共和国時代の1981年に、ブルーグラスプレイヤーであった
Frantisek Furch(フランティセク フォルヒ)氏は、自らとその仲間の為にギターを製作する。当
時、共産主義体制下では輸入品ギターは高価で一般人には手の届かないもの、またギターメ
ーカーとして開業する事は違法行為であり、それは自宅のガレージ程度のごく小規模なもので
した。初めて製作したアコースティックギターは樹脂製のボウル形状のボディーバックを持って
いた。
その後の試行錯誤により徐々に品質を高め、プロ・アマ問わず地元プレイヤーの高い評価を得
るまでになる。そして1989年〜93年にかけての民主化・独立運動の末にチェコ共和国となり、
その93年時点で20名ほどのスタッフを抱えるギターメーカーになっており、本格的に市場へと
参入する。
以降は隣国ドイツへの輸出開始から広がる欧州へのデリバリー、そして2003年より日本でも
取扱を開始、全くの無名メーカーでしたが品質とコストパフォーマンスで徐々に日本のユーザー
様にも認知されるようになりました。2006年には25周年を記念したイベントやスペシャルモデ
ル『G25-anniversary』も登場。ラインナップも拡充していきます。


● フォルヒを使用しているアーティスト
赤崎郁洋さん G23-CRCT     Dr.K 徳武弘文さん OM23-CR
池田聡さん G22-CRCTe      中川イサトさん OM23-CRCT
井上堯之さん G23-SR        中西圭三さん G22-CRCTe
岡崎倫典さん D23-CR        山本コウタローさん G23-SFCT
岸部眞明さん S23-CMCT




▼店主のコメント あくまでも店主の主観で書いて部分もありますのでご了承ください。

 近年のフィンガーピッキングブームに平行して日本のユーザーにも大変注目されている
 メーカーではないでしょうか。上記のようにプロのギタリストも使用していますし、クオリティと
 コストパフォーマンスは高いギターですね。

 23シリーズは中でも最もスタンダードなモデルです。ナット幅が広めの45mm
 ですので、まさにフィンガーピッキング向けでソロギターのプレイには最適でしょう。
 ナット幅が広いと弦と弦の間隔も広くなります。そうすると押弦した指が他の弦にぶつかり
 にくくなるというメリットがあるのですね。

 G23-CRCTは中でも最も人気があるモデルです。トップ材にシダーを使用しているため音が
 大変やわらかいですね。また、指で弾いても低音がドンと出る感じで箱鳴り感があり全体の
 音のバランスも良く感じます。

 20〜30万円の海外有名メーカーの新品の購入を検討されている方はこのFurchも選択肢に
 入れ弾き比べてみてください。どちらが良いかはすぐに判るはずです。

 興味のある方はぜひお店の方に試奏しに来てください!
 当店にはカタログもあります。また、店頭にない商品も注文できますのでお気軽に
 お申し付けください。

G23-CRCT
OM23-CRCT