初心者の部屋

初心者の方から、よくある質問をまとめてみました!



「どんなギターを選べばいいの?いくら位のギターを買えばいいの?」


答えは安いので十分です。
と言ってもネットでよく売っている入門セット\9.800なんてのは
買ってはいけません!音も質も悪すぎます。

新品をねらうのであればギターの定価が2万円以上の商品を選ばれることを
おすすめします。欲を言えばトップが単板の物が良いでしょう。
その方が一般的に音が良いですからね。  ※トップとはボディの表板の部分です

初心者の方はギターが弾けない訳ですから、音が良いのか悪いのか
判断できないと思います。なので店員さんに弾いてもらって比較するのも
一つの方法でしょう。

当店おすすめ新品ギター
S.yairi YF-30/CB \24,840(定価\32,400) トップは単板です!


見た目も重要です。自分の気に入ったルックスのギターを選びましょう。
部屋に置いてあるだけでも嬉しいですし、すぐに手に取りたくなります。

あとは大きさですね。初心者の方は一般的なドレッドノートタイプよりも
少し小振りなボディサイズのものを選んだ方が賢明でしょう。
なぜなら小振りなボディサイズの方が弾くときに抱えやすいからです。
特に女性の方は体が小さいので、必ず小振りなボディサイズの物を
選びましょう!


一般的なドレッドノートタイプ
少し小振りなフォークタイプ


最後に新品か中古かの究極の選択がありますが、どちらでもOKだと思います。
新品だからといって全てが良いとも限りません。
キズも無くて綺麗な新品でも弦高が高くて弾きにくいギターも
たくさん存在していますので注意が必要です!
※弦高とは弦の高さです。一般的に高い方が弾くにくいです。

一方で中古でも弦高がきちんと調整してあるものであれば弾きやすいですし
新品よりもお買い得な価格で手に入れることが出来ます。
もちろん、「キズがあるものは嫌」とか「人が一度使用したものは嫌」と
いった方は新品を選んでください。

中古での一番のねらい目はやはり1970年代に生産された
国産メーカー品でしょう!
この1970年代は各国産メーカーの殆んどが、日本で生産しており
質が高く、音もなかなかです。
もちろん、初心者向け低価格帯モデルも日本で生産されていました。

現在の国産メーカーの初心者向け低価格帯モデルの殆んどが
海外で生産されていることをご存知でしたか?
やっぱり日本製って質が良いんですよね!
先ほど書いたネットで\9.800のギターとは比べ物にならないほど
1970年代国産ギターの方が良いですね。


1970年代国産ギター 当店での販売実例(売却済の商品です)
Cat's Eyes CE-400 \19,440
1979年製 トップは単板です!
YAMAHA FG-251B \13,650
1978年製 キズも少なく綺麗です!


1970年代国産ギターであれば安いもので1万円代で手に入ります。
初心者の方はこの古き良き時代の1970年代国産ギターも
購入の選択肢に入れてみてください!
1980年代のギターでもなかなか
良いものがありますので購入時は要検討ですね。




ケースや付属品のお話など、まだまだ続きます。お楽しみに!